介護されている家族の方が病気・出産、冠婚葬祭、兄弟の学校行事、旅行、休息等の理由により一時的に介護できなくなったときにご利用できます。


★宿泊の場合は「ショートステイ(短期入所)」をご利用下さい。
★日帰りの場合は「日中一時支援」をご利用下さい。





▲ ページ上部に戻る



ショートステイ(短期入所)【宿泊を伴う利用】


<対象者・定員>
市町村でショートステイ(短期入所)の支給決定を受けた障害児および知的障害者の方です。
定員は5名です。
(ただし、居室の空き状況や看護・介護要員の状況に希望に添えない場合があります)

<利用の手続き>
1. お住まいの市町村(福祉窓口)で障害福祉サービスの介護給付費(ショートステイ)の支給申請をして下さい。
2. 支給決定されますと「障害福祉サービス受給者証」が発行されます
3. 利用される方は、まずセンター外来で診察を受けていただき、その後「障害福祉サービス受給者証」に基づき、当センターと契約をしていただきます。
利用の際は必ず事前の予約が必要です。

<利用料金>
『市町村が定める利用者負担額』と『当センターが定める食事代等』の合計をお支払いいただきます。食事代等につきまして下表のとおりです。
また診察や処置等の医療行為があった場合は、別に診療費をご負担いただきます。

 朝 食 270円(130円)
 昼 食 650円(310円)
 夕 食 650円(310円)
 おやつ代 100円
 日用品費、その他 実費または実費の1割増
 食事提供体制加算対象の方は( )の金額です。

<持ってきていただくもの>
障害福祉サービス受給者証、衣類、紙おむつ、お薬、歯ブラシ、コップなどです。詳しくはご予約の際に「地域支援科」にお尋ね下さい。

<申込窓口>
ご利用の前には、必ずお電話で予約をお願いします。
 地域支援科(直通電話) 090-8714-5082
 この直通電話は、下記の受付時間内の対応とさせていただきます。
 下記の受付時間外または直通電話をお受けすることが出来ない場合は、一定以上の
 呼び出し後に自動的に0852-36-8011(代表)に転送されます。
    受付予約時間 月〜金 8:30〜16:30
             土 8:30〜12:30

 (ただし祝日、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始などは除きます。)

▲ ページ上部に戻る



日中一時支援事業【日帰り利用】
※「日中一時支援」の名称は市町村によって異なる場合があります。


<対象者>
お住まいの市町村で日中一時支援の支給決定を受けた方が対象です。
(受託している市町村については、お問い合わせ下さい。)

<利用の手続き>
1. お住まいの市町村(福祉窓口)で日中一時支援の支給決定を受けて下さい。
2. 支給決定されますと各市町村から「受給者証」が発行されます。
(各市町村によって受給者証の書式は異なります)
3. 利用される方は、まずセンター外来で診察を受けていただき、その後「受給者証」に基づき、当センターと契約をしていただきます。
※利用料金・持ってきていただくもの・利用申込窓口については、ショートステイ(短期入所)と同じです。


▲ ページ上部に戻る






 センターでは在宅の障害児者の方を対象に年齢や障害の特性に応じた通所による支援を行っています。


指定を受けている事業所およびサービス内容は以下のとおりです。

事業所名 多機能型事業所 いくま
 多機能型事業所 サテライトいくま
サービス内容  児童発達支援センター
 放課後等デイサービス
 生活介護
 ※そのほか保育所等訪問支援も実施しています。



▲ ページ上部に戻る


【児童発達支援センター】

 ご家庭で生活しておられる心身に重度の障害がある就学前のお子さまを対象に日常生活動作や運動機能訓練などの専門的な療育支援及びレクリエーション、また保護者の方の療育に関する質問や悩みなどについて相談も受けております。スタッフには看護師、保育士、療育支援員、リハビリスタッフを配置しています。

<手続き>
1.お住まいの市町村(福祉窓口)で障害児通所給付費の支給申請をして下さい。
2.給付決定されますと「通所受給者証」が発行されます。
3.通所希望される方はセンター外来で診察を受けていただき、その後「通所受給者証」に基づき契約を行います。

<実施場所・時間・定員>
 以下の@Aで実施しています。ただし、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始は除きます。

@東部島根医療福祉センター
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜14:00)
  定員:放課後等デイサービスと合わせて5名

A各地域で行うサテライト型
 スタッフが曜日毎に各地域に出かけて実施します。
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜15:00)
  定員:放課後等デイサービス・生活介護と合わせて5名
         (平成26年4月現在)
月曜日雲南市(サンワーク木次)
火曜日出雲市(湖陵保健福祉センター)
水曜日安来市(いきいきの郷はくた)
木曜日出雲市(出雲国際交流プラザ)
金曜日出雲市(平田健康福祉センター)


<利用料金>
 「市町村が定める利用者負担額」と「当センターが定める食事代等」の合計をお支払いただきます。詳細につきましては下表のとおりです。
また診察や処置などの医療提供を行った場合は、別に診察費をご負担いただきます。

昼 食650円(310円)
日用品費、その他実費または実費の1割増
     食事提供加算対象の方は( )の金額です。

<申込窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011

▲ ページ上部に戻る


【放課後等デイサービス】

 ご家庭で生活しておられる心身に重度の障害がある学籍のある児童の方を対象に日常生活動作の習得や運動機能訓練、集団適応訓練などの専門的な療育支援を行っています。また保護者の方の療育に関する質問や悩みなどについて相談を受けております。

<手続き>
 児童発達支援センターと同じです。

<実施場所・時間・定員>
 以下の@Aで実施しています。ただし、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始は除きます。

@東部島根医療福祉センター
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜14:00/14:00〜17:00)
  定員:午前の部(10:00〜14:00)児童発達支援センターとあわせて5名、
     午後の部(14:00〜17:00)5名
A各地域で行うサテライト型(巡回型)
 スタッフが曜日毎に各地域に出かけて実施します。
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜15:00)
  定員:児童発達支援・生活介護と合わせて5名
         (平成26年4月現在)
月曜日雲南市(サンワーク木次)
火曜日出雲市(湖陵保健福祉センター)
水曜日安来市(いきいきの郷はくた)
木曜日出雲市(出雲国際交流プラザ)
金曜日出雲市(平田健康福祉センター)


<利用料金>
 児童発達支援センターと同じです。
 (14:00〜17:00ご利用の場合は別料金でおやつがございます)

<申込窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011

▲ ページ上部に戻る


【生活介護】

 ご家庭で生活しておられる心身に重度の障害がある18歳以上(障害程度区分5または6)の方を対象に日常生活動作 や運動機能訓練などの専門的な療育支援のほか入浴・排泄・食事の介護や創作活動、レクリエーション等を行います。またご家族の方の療育や介護に関する質問や悩みなどについての相談も受けております。

<手続き>
1.お住まいの市町村(福祉窓口)で障害福祉サービスの介護給付費(生活介護)の支給申請をして下さい。
2.給付決定されますと「障害福祉サービス受給者証」が発行されます。
3.通所希望される方はセンター外来で診察を受けていただき、その後「障害福祉サービス受給者証」に基づき契約をして頂きます。

<実施場所・時間・定員>
 以下の@Aで実施しています。ただし、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始は除きます。

@東部島根医療福祉センター
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜15:00)の内4時間
  定員:6名

A各地域で行うサテライト型
 スタッフが曜日毎に各地域に出かけて実施します。
  日時:毎週 月〜金曜日(10:00〜15:00)
  定員:児童発達支援・放課後等デイサービスと合わせて5名
         (平成26年4月現在)
月曜日雲南市(サンワーク木次)
火曜日出雲市(湖陵保健福祉センター)
水曜日安来市(いきいきの郷はくた)
木曜日出雲市(出雲国際交流プラザ)
金曜日出雲市(平田健康福祉センター)

<利用料金>
  児童発達支援センターと同じです。

<申込窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011

▲ ページ上部に戻る


【通園療育(すくすく)】

障害のある就学前のお子さまを対象としておこなっている集団療育です。遊びを通してお子さまの興味や関心を広げ、保育士やリハビリスタッフによる運動面や認知面などの発達を支援します。また家庭での育児が安心して行えるよう療育相談も受けております。

<対象者>
  就学前の発達に遅れがあるお子さまが対象で、保護者と共に参加できる方

<実施場所と時間>
  東部島根医療福祉センター(3F)
  毎週火曜日 10:30から午前中の間

<申込窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011


▲ ページ上部に戻る



相談支援事業

障害のある方やその家族からの相談に対し、センターのスタッフ(相談支援専門員)が医療・福祉の視点から助言や情報提供あるいは他の同様の支援が受けられるところへの紹介等、様々な相談支援を行います。

 指定または委託を受けている相談支援事業は以下のとおりです。
  〇地域相談支援
  〇計画相談支援
  〇障害児相談支援
  〇島根県障がい児等療育支援事業(島根県からの委託事業)
  〇松江市障がい者地域相談支援事業(松江市からの委託事業)

例えば、このような内容・・・
◇発達に関する内容(食べない、しゃべれない、立とうとしない)
◇日常生活に関する内容(トイレの失敗、眠れない、落ち着きがない)
◇コミュニケーションに関する内容(友達と仲良くできない、集団生活に馴染めない)
◇就学・学習に関する内容(問題を起こす、読み書きができない)
◇家族の支援、不安の解消、情緒安定について
◇学校や幼稚園の先生から療育援助の方法について
◇入所や在宅サービスの利用方法
◇補装具の作製や介助の方法    など

<相談方法>
 ○電話による相談
 ○来院の際に(例えば外来受診、通所にあわせて)
 ○巡回相談、乳幼児健診の際に
 ○状況に応じて訪問もいたします

<相談窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011
 ご利用できる期間 月〜金 8:30〜17:15
 (ただし祝日、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始などは除きます。)

▲ ページ上部に戻る



【保育所等訪問支援】

 保育所、幼稚園、小学校などに通う障害のあるお子さまに対してスタッフが訪問して、心身の状況に応じた集団適応訓練等の支援を行います。
また、そのお子さまが通う保育所や学校関係者の方への専門的な支援も行います。

<手続き>
1.お住まいの市町村(福祉窓口)で障害児通所支援給付費の支給申請をして下さい。
2.給付決定されますと「通所受給者証」が発行されます。
3.「通所受給者証」に基づきセンターと契約を行います。

<実施日時>
  月〜金曜日(8:30〜17:00)
  ただし、祝日、開園記念日(3月1日)、お盆期間、年末年始は除きます。

<通常の実施地域>
  松江市、出雲市、安来市、雲南市

<利用の申込窓口>
地域支援科(直通)  0852-36-5815
代表   0852-36-8011
▲ ページ上部に戻る


【専門スタッフ派遣事業】

地域で生活しておられる障害児(者)の方を支援するため、各市町村や福祉施設などへ専門スタッフを派遣する地域支援を行います。

○市町村への医師、心理判定職員派遣
  ・発達健康相談
  ・発達クリニック
  ・1歳半、3歳健診 など
○福祉施設などへの医師、心理判定員、リハビリスタッフ派遣
  ・福祉施設を利用される方への機能訓練
  ・福祉施設スタッフ向けの療育に関する指導
  ・巡回相談 など

<お問い合わせ窓口>
  地域支援科 0852-36-8011
▲ ページ上部に戻る