HOME > 経営理念・運営方針

経営理念・運営方針

 社会福祉法人島根整肢学園のシンボルマークは、「やすらぎ」「やさしさ」を感じさせる温かみのあるグリーンをもちい、利用者と心を通わせ、ともに生活し、ともに活動する喜びをハートの形をもとに人の姿で表現しています。
 島根医療福祉センターは、このシンボルマークの精神のもと利用者本位で、その人権を尊重し、安心して利用していただける質の高い医療・福祉サービスの提供に努めます。
 島根医療福祉センターは、施設のもつ機能を駆使して、地域の医療・福祉に貢献し、誰もがこころ豊かに暮らす社会の実現に向けて取り組みます。


@ インフォームド・コンセントの徹底を図ります。
(利用者又はその家族の話をよく聞いて診察、又は判定し、その結果や治療方針、療育方針を十分に説明します。)
A リスク・マネージメントを推進します。
(危機管理体制を整備し、医療や介護における事故やミスの防止に努めます。)
B 医療・福祉サービスの機能評価を行い、苦情解決のためのシステムを構築し、サービス機能の充実に努めます。
C ケース会議等の検討会をよく行い個別支援計画を策定して、改善を図りながら質の高い医療・福祉サービスの提供に努めます。
D 常に自ら研鑚し、最新の医療・福祉の知識と技術を身に付けるとともに人の心を大切にする高い倫理観を保ちます。
E 利用者の健康状態に配慮し、季節感のあるおいしい食事の提供に努めます。
F 地域や関係機関団体との交流・連携を深め、在宅利用者にもよりよい医療・福祉サービスを提供するとともに地域の医療・福祉の発展に貢献します。


私たちは五つの心をもって行動します。
一  『ハイ』という素直な心
二  『ありがとう』という感謝の心
三  『すみません』という反省の心
四  『お陰様で』という謙虚の心
五  『私がします』という奉仕の心


▲ ページ上部に戻る